essay

穀雨 末候「牡丹華さく(ぼたんはなさく)」

穀雨_末候

牡丹の花が咲く頃。
春牡丹の咲く時期は4〜5月に開花、冬牡丹は1〜2月に開花するよう調整された
もの。
「富貴草」、「富貴花」、「百花王」、「花王」、「花神」、「花中の王」、
「天香国色」、 「名取草」、「深見草」、「忘れ草」、「鎧草」など、だくさんの
別名を持ち、古来から中国、大陸からはいってきてからは日本でも愛でられている。

新暦では大体4月30日から5月4日頃。

穀雨 初候「葭始めて生ず(あしはじめてしょうず)」

穀雨_初候

 

葦が芽吹く頃。
芽吹いた葦は夏には背が伸び、秋には金色の穂がなり、風になびく様が
美しい。
地下茎から出でた芽が、角のように尖っていることから季語では「葦の角」
という。

穀雨は、穀物を潤す雨が降る頃のこと。
穀雨の終わり頃に八十八夜がある。

新暦では大体4月20日から4月24日頃。