西日本豪雨で被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げます

西日本豪雨で被害にあわれたみなさまに
心よりお見舞い申し上げます
微力ですが、わたしもすこしでもみなさまのお力になりたい
と思います。
なので、BASEとSUZURIに設けたわたしのウェブストアでの
売上の10%を日本赤十字社「平成30年7月豪雨災害義援金」
へ寄付することにいたしました。
期間は、2018年7月1日から11月30日の間です。

ご協力いただけますとうれしいです。

髙安 恭ノ介

よもぎ堂(BASE)

SUZURIでのマイページ

たまら・び vol.100

たまら・びvol.100 / 株式会社けやき出版 (2018)

東京都府中市にある東京競馬場を紹介するページにて、イラストレーションを担当させていただきました。
取材にも同行させてもらっていたので、現地の楽しさやレースの興奮を肌で感じることができました!

そのほか、都心とはまた違った魅力に溢れる多摩地区のあれこれが紹介されていますので、お手にとってご覧いただけるとうれしいです。

1・2・3歳 vol.154 2018年夏号

1・2・3歳 vol.154 2018年夏号 / 株式会社赤ちゃんとママ社 (2018)

引き続き、「やってみよう!季節の判じ絵」の問題考案とイラストレーションを担当させていただきました。

芸能ルポ「日本の伝統文化のなかに生きる動物たちに行ってきました。」

芸能ルポ「日本の伝統文化のなかに生きる動物たちに行ってきました。」/公益社団法人 全日本郷土芸能協会 ( 2018 )
会報の第91号にて、イラストルポを寄稿させて頂きました。

会報は、全国の郷土芸能愛好者や継承者、内閣府や文化庁などの関係省庁、全国の教育委員会、農協観光協会、マスコミなどに発送されるものです。

日本人も知らないやまとことばの美しい語源

武光誠 著「日本人も知らないやまとことばの美しい語源」/ 株式会社河出書房新社(2018)

本文のイラストレーションを担当させて頂きました。

タイトルにもなっていますが、ことばの語源が丁寧に説明されており、なるほどとフムフムに満ちあふれた一冊です。

“鼠は「根に住む」から「ねずみ」、海は「大水」を短縮した言葉、橋と梯子は「端」を結ぶことから……万葉の昔に日本人が生み出した素朴な言葉、その由来を紐解けば彼らの心や暮らしぶりまでが見えてくる!(河出書房新社さまのwebサイトより引用)”